Share
facebookfacebook twittertwitter
JP

MENU

CLOSE

CLOSE

CLOSE
INFORMATION ご利用情報

FLOOR GUIDE 館内のご案内

EVENT & NEWS イベント & ニュース

MORE! NIFREL ニフレルをさらに詳しく

facebookfacebook twittertwitter instagraminstagram

イベント&ニュース

EVENT&NEWS

EVENT/イベント情報

参加者募集

2019.11.21

12月17日はミニカバのお母さん「フルフル」の誕生日!

「野菜ケーキ」をプレゼントしてくれる小学生3名を募集&「フルフル」にふれる特別体験も♪

news1901121_1200×630_1.jpg

ミニカバのお母さん「フルフル」が、12月17日(火)に7歳の誕生日を迎えます。そこで、12月14日(土)10時15分より、環境エンリッチメントとして、スポンジケーキに見立てた干し草を、ニンジンやリンゴ、レタスなど色々な野菜でデコレーションした「野菜ケーキ」をプレゼントします。そこで、キュレーターと一緒に野菜ケーキ作りやケーキを設置するお手伝いをしてくれる小学生3名を募集いたします!

また、12月13日(金)、14日(土)、15日(日)、17日(火)の毎日15時からは、当日館内で行う抽選会で当選された5名様に、キュレーターと一緒に「フルフル」の体に直接ふれていただく特別体験イベントも 実施します。

環境エンリッチメントとは、動物福祉の立場から、飼育動物の快適な暮らしを実現するための具体的な方策のことです。エサのあげ方の工夫や、おもちゃを与えたりなどで、日々の生活が単調にならないようにし、行動のバリエーションを増やすことを目的としています。今回のイベントでは、「フルフル」に通常とは異なるエサを与えたり、与え方を工夫することで、「フルフル」の行動のバリエーションを増やし、健康管理に役立てます。ニフレルでは日頃から積極的に環境エンリッチメントに取り組んでおり、今後もさまざまなイベントを通じて紹介する予定です。



<①ミニカバ「フルフル」誕生日エンリッチメント参加者募集要項>

news1901121_1200×630_2.jpg

【開催日時】
12月14日(土)9:30~10:30(予定)

【対象】
小学生 計3名 ※18歳以上の保護者同伴が必要です。

【参加費】
無料(当選者とその保護者1名のみ。) ※ その他のお連れ様のご見学には入館料が必要です。

【参加方法】
専用メールアドレスに、
1)参加児童の氏名、性別、年齢
2)保護者の氏名、年齢、携帯電話番号
を明記のうえ、送信してください。 

【宛先】
応募専用アドレス ⇒ fulufulu@nifrel.jp

【締め切り】
12月8日(日)着信有効

【発表方法】
当選者にのみ、12月9日(月)中にご応募いただいたメールアドレスに返信し、後日参加証を郵送いたします。
※個人情報は本イベントに関わる目的にのみ使用します。

【スケジュール】
9:25 集合(受付:ニフレル入り口前)
9:40 調餌室で野菜のケーキ作り
10:10 ミニカバゾーンに入って野菜のケーキを設置
10:15 「フルフル」が寝室から「タムタム」と一緒に登場
10:30 終了(予定)



<②「フルフル」にふれる特別体験>

【開催日】
12月13日(金)、14日(土)、15日(日)、17日(火)

【時間】
①抽選会 14:15~14:45
②「フルフル」にふれる体験 15:00~15:30

【対象】
小学生以上。各日5名。
※小学生未満は保護者の方に抱えていただいた場合にのみ、ご参加可能。

【参加費】
無料

【参加方法】
当日14時15分より、「 みずべにふれる」のミニカバ水槽前にて抽選会を開催。
当日ご来館いただいた方ならどなたでもご参加いただけます。
なお、抽選は当選者5名が決まった時点で終了となり、抽選は1人1回のみです。
※生きものの状態により中止になる場合があります。



【ミニカバ「フルフル」について】

news1901121_1200×630_3.jpg《性別》メス
《体重》224kg(2019年11月19日測定)
《誕生日》2012年12月17日
《出生地》シンガポール動物園
《特徴》面長で、ノドのあたりがピンク色なのが特徴。食欲旺盛で、好き嫌いなく何でも食べる。ニフレルにやってきてすぐ担当キュレーターに近寄ってくるなど人懐っこい。「フルフル」という名前は、一般募集の結果、耳や尾をふる仕草が可愛らしい事や、ニフレルの「フ」と「ル」をとって名付けました。 2019年2月21日にオスの「タムタム」を出産、初めての子育てにも関わらず、「タムタム」を優しく大切に育てています。

【ミニカバについて】

ミニカバは、絶滅の恐れのある貴重な動物で、西アフリカの限られた地域に、わずか2,000~2,500頭のみが生息しています(IUCN レッドリストより)。ワシントン条約の付属書Ⅱに掲載され、世界的に保護されており、国内で飼育しているのは、今年2月21日にニフレルで誕生したオスの赤ちゃん「タムタム」を含めて6園館13頭のみです。
子育ては母親のみが行い、父親は子育てに関わりません。そのため、子育て終了までの期間、母親「フルフル」と赤ちゃんの「タムタム」の親子展示と、父親の「モトモト」のみの展示を交互に行っております。
・10:00-15:00 母親の「フルフル」と赤ちゃんの「タムタム」の親子展示
※フルフルにふれるイベント期間中はイベントが終了するまで。
・15:00-20:00 父親の「モトモト」のみの展示

SHARE
  • facebook
  • twitter
  • instagram

その他のコンテンツ

OTHER CONTENTS

Back to index
ページトップへ